品番

160954337

サイズ

《大》Φ6.5 × H8cm (底Φ3.5cm)  《小》Φ5.5 × H6.5cm (底Φ3.5cm)

素材

ガラス

日本

容量

《大》110ml  《小》60ml

清酒グラス

柳宗理

日本のプロダクトデザイナー柳宗理がデザインした清酒グラス。元々は日本酒のノベルティとしてデザインされた盃です。ひとめで日本酒用のグラスだとわかるデザインを目指し、およそ2年の月日をかけて完成させました。日本酒の口当たりをひき立たせるために、縁は丸く厚く作られています。安定感ある高台と滑らかなフォルムは、もちやすく、手の熱を伝えません。徳利を使う時は小(60ml)が、瓶から直接注ぐには大(110ml)がおすすめです。日本酒だけでなく、ワインにも、またソースを入れや、小鉢としても使えます。

品番

160954337

サイズ

《大》Φ6.5 × H8cm (底Φ3.5cm)  《小》Φ5.5 × H6.5cm (底Φ3.5cm)

素材

ガラス

日本

容量

《大》110ml  《小》60ml

[ご購入前に必ずお読みください]

※ 商品によっては納期に時間がかかる場合がございます。

■柳 宗理(やなぎ そうり)■

20世紀に活躍したインダストリアルデザイナー。実父は芸能運動家で評論家の柳宗悦。
ユニークな形態と意外な実用性を兼ね備えた作品が多く知られており、フランスのルーブル美術館やニューヨークの現代美術館に多数の作品が収蔵されています。
戦後日本のインダストリアルデザインの確立と発展において、2002年には文化功労者に選ばれました。
柳宗理のデザインには、彼の父 柳宗悦が提唱した“用の美”の思想が受け継がれています。シンプルで純粋な形の中に、人の心を打つ美しさとその生活を思いやる真心を垣間見ることができ、今なお人々から愛され続けています。