SHOP

VALENTINE GIFT

寒さの厳しい日が続きますね。

換気を徹底して営業させて頂いておりますので、店内も少し寒いかと思います。
ご迷惑をお掛けいたしますが暖かい恰好でお越しくださいませ。

 

 

現在店頭では2月14日のバレンタインデーに向けたギフトを展示しています。

 

 

今年のオススメは
「DANDELION CHOCOLATE」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンフランシスコ発の豆から作るチョコレートファクトリー。
豆の選定から行う「Bean to Bar」製法を採用しており、世界中のカカオ農園から良質なカカオ豆を買い付け、焙煎、テンパリング、成形、ラッピングまでを一貫して行い、品質に自信の持てる数だけを丁寧に製造されています。

 

世界各地から取り寄せたカカオ豆を使っており、そのほかの原材料はオーガニックのきび砂糖のみ。

カカオ豆の産地や焙煎・攪拌の方法などにより味に変化をつけています。
それぞれに独特のフレーバーがありますので、楽しんでお選びいただけます。

 

定番商品はやはりタブレット(板チョコ)タイプ。
カカオの味を十分に楽しんで頂けます。

 

 

タブレットの他に「ホットチョコレートミックス」もご用意しています。

牛乳と合わせて簡単に濃厚なチョコレートドリンクをお楽しみ頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カカオ70%なので甘ったるくなく酸味も感じられ、カカオの深い味わいと香りを十分にお楽しみいただけます

 

甘いものが苦手な方でも楽しんでいただけるチョコレート。

是非ご覧ください。

岡山は奥津。県の北部に位置し、美しい自然と歴史ある町並みが
風情を感じさせてくれる場所です。

美作三湯の一つとして知られる奥津温泉街の一角、
吉井川のほとりに『奥津荘』はあります。

90年以上の歴史を持ち、元総理大臣の犬養毅や版画家の棟方志功も愛したという
歴史と文化の息づくお宿です。

最初に訪れたのは、庭の紅葉ががすこし色づきかけたころ。

離れの客室『清間亭』の増築をご計画とのことで、
内装デザインに携わらせていただくことに。
切株の場所に新しく4坪ほどの和室のベッドルームを増築していきます。
歴史のある建物の増築ということで、和の要素と洋の要素が調和するように、素材を慎重に組み合わせていきます。
建物に合わせて施工していくため、全てが現場合わせで進んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、しんしんと雪が降り積もる季節。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風情ある佇まいとともに、離れの増築が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラケット照明には施主様の意向でルイスポールセンの照明を。
ここには、同じく100年近くの歴史を経ながらも不朽の美しさをもつルイスポールセンとの歴史的なつながりに思いを馳せてもらいたいという施主様の粋な思いが感じられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドボードとベッドの足元のカバーは、30年続くデニムの生地屋を母体とする倉敷のデニムスーツ専門店『inBlue』さんのご協力で実現。「岡山らしいおもてなしの要素を」という施主様の思いが形となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓格子は増築前の壁に使われていたものを再利用したもの。
趣ある光がやさしく室内を照らします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベッドの足もと側には大谷石を馬積みにした壁に。
エアコンが目につかないように壁の中に納めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回増築した『清間亭』は吉井川に面したお部屋で、耳を澄ますと川のせせらぎが感じられる、とても風情のあるお部屋です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江戸時代、津山藩の初代藩主がここの湯を気に入り、湯治場として利用するため、鍵をかけたことから「鍵湯(かぎゆ)」と呼ばれるようになったことを受けて、部屋の露天風呂も鍵の形に改装されたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉井川の美しい雪景色を眺めながら、露天風呂につかり、
体と心を癒してみてはいかがでしょうか。 
 
 

名泉鍵湯 奥津荘
〒708-0503 
岡山県苫田郡鏡野町奥津48
TEL:0868-52-0021
http://www.okutsuso.com/index/
 
 
 
デニムスーツ専門ブランド inBlue
〒710-0055
岡山県倉敷市阿知2丁目23-9-3(林源十郎商店内)
https://inblue.jp/

 

 

昨年末にオープンした、【ELD TOOLS】。
2021年から平日もオープンします。(定休日:火曜)

現在、店舗のテラスでは木材を多数展開しております。
レッドオークやウォールナットの羽目板、
タウン材のデッキフロア等、なかなか手に入らない物や、
外壁材、合板パネルや工場で出た端材等を販売しております。

 

特に羽目板や端材は在庫がなくなり次第終了となりますので、
気になる方は是非お早めに足を運んでみてください。

PROJECT

仕事納め

毎年恒例の大掃除を滞りなく終わらせ、今年は今日が仕事納めとさせていただきました。

本年も、こんな時期にご来店いただいたお客様、お仕事をくださった方々に、

心より感謝申し上げます。

一年を振り返ると、コロナと向き合いながらも多くの経験を積むことが出来、

忘れる事の無い年となりました。

自分と向き合う良い機会だと捉えて、今までとこれからを深く考えました。

何か出来る事を見つけ、やるべき事はすべてやりつくす気持ちで過ごしながらも

価値観や常識が一瞬にして変化する日々に、強い芯と柔軟さを鍛える日々です。

僕たちの仕事は、ものづくりですが、ずっと使えて愛着が湧くような物を作る事を

より強く意識しました。

コロナ禍での生活はまだ続くとは思いますが、皆様に少しでもお役に立てるような

仕事を続けて参りますので

来年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

皆様よいお年をお迎えください。

代表 渋谷 竜司

 

PROJECT

N様邸 家具納品

本格的に寒くなってきた12月中旬、

ご新築のN様お宅にキッチンバックの造作収納と

オリジナル家具を納品させていただきました。

 

 

テーブルは180センチの幅で家族が悠々と座れるよう、

脚の間隔が広い KEY DINING TABLE を提案させていただきました。

テーブル、ROD CHAIR 、 PADDLE BENCH、造作収納は全てホワイトオークのクリアで統一。

シンプルなデザインにより、オーク材の素材感が引きたちます。

 

 

 

 

キッチンバック収納の地袋天板はステンレスのバイブレーションを巻き込み、

棚の内部も全てオークの突板張りに。

リビングダイニングが2階にある住宅のため、分割して現場で組み立て、施工しました。

この家具たちが N様ご家族とともに年を経て

「このテーブルでこんなことあったよね 」なんて話が出てくる、

そんな想像をすると頬が緩んでしまいます。

 

 

N様、この度は有り難うございました。今後とも宜くおねがいいたします。