とあるマンションの一部屋をリフォームをさせていただきました。

大きな工事としてはキッチンと床の変更でしたが、

その他は扉を変えたり、取っ手を変えたりと

ほんの少し、空間全体が調和するように仕様を変えるだけでも、

その部屋の見え方が大きく変わってきます。

そんな空間が新しく生まれ変わる様子を

before→afterでご紹介します。
まず、玄関です。

before

 

after

 

before

 

after

 

 

下駄箱の扉を木製に変えることで上質な雰囲気を醸しています。

選んだのは落ち着きのある色味のブラックチェリー。

次は廊下と洋室です。

before

 

after

 

before

 

after

 

床全体をウォールナットのフローリングに貼り換えました。
もともとあった濃い色味の建具と調和することで空間が引き締まりました。

洗面所の床は、モルタル調の塩ビタイルに貼り換えました。

before

 

after

 

床を貼り換えただけで全体の印象が大きく変わります。

最後にキッチン。

before

 

after

before

 

 

after

 

 

キッチンに選んだのは玄関と同じブラックチェリー。

囲われていた壁を取り払うことで開放的なキッチンになりました。

キッチンの前側には収納を新たに設け、造作の背面収納と合わせると
収納力も格段にアップしました。

 


家のなかでも大きな役割をもつキッチン。

変化していく木の風合いを楽しみつつ
快適に心地よく暮らしていただけると嬉しいです。

M様、本当にありがとうございました。
マンションは住まいの中でも特に住む人の入れ替わりによって、
「いろいろなテイストが混ざってまとまらなくて・・・」とのお声を多く耳にします。

ほんの少し手を加えることでも、調和のとれた空間が叶うので
そのようなお悩みをお持ちの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

ヤブタ

『育てる』を楽しむ家

家具工事始まりました。

 

2021.3/13(土)・14(日)にオープンハウスを開催予定の『育てる』を楽しむ家。

皆様より、反響も大きくスタッフ一同 大変うれしく思っております。

予約も埋まりつつありますが、時間帯によってはまだ枠もございますので

気になっていらっしゃる方は是非ご連絡下さい。

 

さて工事の進捗状況をお伝えしてきますが、今回は少しマニアックなお話です。

 

ELDの家と言えば、やはりクオリティーの高い『造作家具』も特徴の一つかと思います。

住宅を設計する者がデザインし、自社で製作するため、

ディテールにも多くのこだわりが込められています。

 

『家』という箱と、『家具』という道具が一体となって住まいを作り上げます。

 

そういった家具を設置する前から、躯体に仕込みが随所に行われています。

 

 

キッチンバック収納の家具取付け前の壁面です。

施主様からのご要望で、ここにはカウンター収納+オープン棚が設置されます。

の先にあるものは、その棚板を設置するために壁面内部にしっかりと固定をした

『インロー金物』と呼ばれるものです。

 

家具を取り付けた時に、どこにも取付け金物が見えないように、

壁面から出たこの金物に棚板を差し込みます。

 

使い勝手良く、かつ きれいにみせる一つの方法です。

この金物は仕上げ下地のボードが貼られる前から壁に仕込みをしています。

 

窓枠の位置、ドア建具の高さ、目線の高さ、様々な角度から家具のサイズを

計算して作成するので建物との調和のとれた空間が生まれるのです。

 

この後どのような家具が設置されるのか、ぜひ現地でご覧ください!

 

 

オープンハウス詳細・予約はこちらまで

 

『育てる』を楽しむ家

■日 程 : 2021年3月13日(土)・14日(日)

■時 間 : 10:00~16:00

■場 所 : 瀬戸内市邑久町

■お問合せ: 株式会社イールドインテリアプロダクツ(担当:薮田)

TEL 086-259-1050/ E-mail info@yield.jp

TOWER COFFEE

春のスイーツ

少し早い春の陽気が感じられる今日この頃。

旬の食材を使ったスイーツが続々と登場しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苺のショートケーキ

ぽってりと可愛らしい、苺が主役のケーキです。

ふわっと軽めに仕上げたスポンジだからこそ、ランチの後にもペロッと食べれてしまいます。

自家製のイチゴジャムは果肉をしっかりと残し、とろりとした仕上がりに。

甘さも控えめでくどくなく、食後のデザートにぴったりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レモンタルト

季節のタルトには瀬戸内レモンを使用したレモンタルトです。

甘酸っぱいレモンカスタードをサンドし、上から優しくメレンゲ包み込みました。

口の中でとろりととろける食感が特徴です。

 

季節がめくるめく変わると同時にtower coffeeのデザートも変わります。

ぜひ今だから、今でしかないスイーツを楽しんでください。

 

 

2021.3/13(土)・14(日)にオープンハウスを開催予定の『育てる』を楽しむ家。

最終仕上げに向け、現場も一直線に作業が進んでいます。

 

さて今日は、計画段階の時のお話に少し戻らせて頂きます。

 

この土地を施主様が購入されELDで建物を計画させていただいた段階で、

施主様にご覧いただいた1/100の白模型です。

 

これから建つ家をワクワクしながら見て頂いた、施主様のキラキラしたお顔が忘れられません。

 

 

この段階からまた打ち合わせを重ね、計画の変更があったところもありますが、

大きなイメージ持っていただくことがとても大切だと思っています。

 

 

さて、このお家がどのような仕上がりになったのか、

ぜひ現地にてご覧いただければ幸いです。

 

 

 

 

オープンハウスまで残すところ、あと2週間とすこし。

 

引き続き工事の進捗状況やオープンハウスに向けての出来事をお伝えしていきたいと

思いますので、お付き合いください。

 

開催当日まで、毎週水曜日に進捗をELD の LINEアカウントにてお伝えいたします。

↓のリンクよりLINE友達の登録が可能です。

LINE 登録

 

 

オープンハウス詳細・予約はこちらまで

 

『育てる』を楽しむ家

■日 程 : 2021年3月13日(土)・14日(日)

■時 間 : 10:00~16:00

■場 所 : 瀬戸内市邑久町

■お問合せ: 株式会社イールドインテリアプロダクツ(担当:薮田)

TEL 086-259-1050/ E-mail info@yield.jp

※コロナウイルス感染症対策として手指の消毒・定期的な換気を行う等、

ご来場いただく皆様の安全を配慮し、見学会を開催させていただきます。

 

昨年9月にプランターボックスを納めさせていただいた『表町スタイルストア』様。

それをきっかけに、お話をいただいたリニューアル工事。

デザイン・設計を経て、ついに現場が動き出しました。

 

 

まずは1階の『BRIEFING(ブリーフィング)の売場から着手していきます。

BRIEFINGは「ミリタリズム」を追及し、卓越した機能美を持つラゲッジレーベル。

 

いかにしてバッグの魅力的を引き立たせるか・・・

スタッフさんにも使いやすいのはどんな形だろうか・・・

そんな試行錯誤の上出来上がった什器が家具職人さんの手で取りつけられていきます。

 

 

壁面いっぱいの什器は扱いが難しいので上下2分割。

数ミリの余裕しかない場所に慎重にすっぽりと入れていきます。

 

 

こうした家具の納まりは、隙間がないか、水平がきちんととれているかなど

小さなことで大きく見た目の良し悪しが変わってきます。

力もさることながら繊細さも求められる職人技。

 

 

きれいに収まりました。

ここから棚板を入れたり、鏡を貼ったり仕上げに入っていきます。

 

次は2階フロアのリニューアル工事が進んでいきます。

 

3月13日(土)にリニューアルオープン予定です。

それまで進捗をお知らせしていきますので、どうぞお付き合いください。

 

ヤブタ