PROJECT

外壁修繕工事

今回は外壁の修繕とサッシの交換事例をご紹介させて頂きます。

 

元々はモルタルの外壁だったのですが、経年劣化によりクラック(ひび割れ)が目立つようになり

雨漏れなどの原因になる可能性がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々なパターンをお客様と相談しながら検討し、最終的には既存外壁の上にガルバリウム鋼板を貼り

木製サッシも外壁に合わせてアルミサッシに交換する計画となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが改修後の現場写真です。

今回外壁に使用したガルバリウム鋼板ですが

色や幅の種類が多く、貼り方によっても表情が大きく変わってくるので

様々な表現が出来ます。

機能的にも、錆びにくく、耐久性も高いので弊社では外壁の仕上げ材としてよく採用されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は新築ではないため、サッシの開口も決まっているのでアルミサッシも既存開口に合わせ特注で製作して頂き

新たな外壁との取り合いも職人さんに綺麗におさめて頂きました。

 

弊社では、住宅や店舗の新築や改装はもちろんのこと

今回のケースのような部分的な改装や工事も行っておりますので

お気軽にお問い合わせください。

 

サトウ

 

 

 

春から工事が進行している『くつろぎを取り込む窓辺の家』。

家の特徴でもある2面の大きな開口部には木製の建具が入ります。

 

ELDの家はその家に合うものをそれぞれにデザイン・設計し、

それを現場で職人さんが仕上げていきます。

 

 

西側テラスの開口部。テラスを囲うように三方向に天井までいっぱいの

大きなガラス建具が入ります。

 

 

三方からの扉がどのように取り合うのか、また外装材とどのようにとりあうのか、

様々な事を検証しながら設計していきます。

 

 

建具はガラス面の精度はもちろん、溝の精度も重要です。

木は経年や環境からなどの様々なものに影響を受けます。

木材自体の伸縮、そり・・などが十分起こりうるのです。

それでも永く、狂いなく建具がスムーズに使用できるために、

そして部材の突き合わせによる隙間などが表に出ないよう、

枠や建具、柱とどのように組み立て、どこから固定するか、工夫を凝らしていくのです。

 

そしてこれらを現場で職人さんがミリ単位の加工をし、調整を重ね、

その都度ベストな納まりを行います。

今までの培った経験と、見た目の美しさへのこだわり、そして欠かせない機能。

これがELDが自社で制作を行う建具です。

 

既製品ではないため、多くの手間と知識が必要になります。

しかし、自分たちで責任を持ってこれらを行うことが大切だと考えています。

 

 

こちらは南面。リビングから少し段差がついたテラスからの眺望は

景色を切り取ったように見える仕組みを担っています。

 

 

こちらの機械を使い、現場で職人さんが調整を行っています。

 

 

 

ガラスが入りました。内と外を繋ぐテラスは差し込む光を抑えるために、軒を深くしています。

 

こちらの『くつろぎを取り込む窓辺の家』。9月上旬にオープンハウスを予定しています。

ELDの細部にまでこだわった住宅を現地にて、ご覧いただける機会です。

 

詳細につきましては、今後随時ご案内致します。

ご興味がある方はぜひお問い合わせください。

 

他にもたくさんのこだわりの詰まった『くつろぎを取り込む窓辺の家』。

オープンハウスに向けて、ブログで今後も紹介をしていきますのでお付き合い頂ければ幸いです。

 

タカモト

 

 

 

 

 

 

 

今回はオフィスの改装案件のご紹介です。

製氷製品や冷凍食品などの製造販売をされている会社様の事務所を

改装するのですが、建物ができて以来のイメージチェンジだそうです。

 

 

完成はまだ先ですが、現場の工事の様子を少しずつお伝えいたします。

解体工事をして古い設備や内装を撤去したあと、

新たな空調や照明を設置したりクロスを貼ったりしていきます。

 

 

 

工事は一度着工すると現場は物凄いスピードで進んでいくので毎回驚かされます。

引き続き現場の様子を伝えていければと思います。

 

カワイ

今年の3月中旬にオープンハウスも開催した―『育てる』を楽しむ家-のその後、

気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

外構が出来上がっています。

 

 

カーポートも住宅部の外観に合わせて、シンプルでフラットなデザイン。

道路との境界の板塀も、玄関ドアやテラス窓の木建具とリンクして、統一感のある印象になっています。

 

 

アプローチ部分は施主様自らが作られました。

 

テラス側の庭への植樹も着々と進んでいます。

一本ずつ、施主様が吟味して木を選んでいかれているようです。

 

そして内部の方は、仕上げを行っていなかった子供部屋の壁面も、今はきちんと塗装がされています。

 

 

 

これらの部屋を仕上げるにあたって、どの様な色にするか等、

お子様たちとどんな会話が生まれたのか、

そして施主様がどんな気持ちで塗っていかれたのか。

 

想像するだけで 温かな気持ちが沸き上がってきます。

 

着々と快適な住まいへ追及が深まっている様子、

そして住み手によって育っていくこれからの家の姿。

私共もお伺いする度、これからの変化もとても楽しみにしています。

 

タカモト

国内外、全国からのクライアント様を招いて

プレゼンテーションやミーティングを行うための場所であるため

岡山の材料であることも意識。

 

これは、家具にも言えることでした。

 

 

 

 

岡山はヒノキの生産量が日本一。

ピンクのきれいな木肌を活かしてベンチに。

 

技術開発の名のもとに

研究、実験をイメージしてクールな素材と意匠を揃えました。

 

お取引先に多いのは日本酒・お醤油・お味噌の製造をする企業様。

そのため、和の雰囲気を醸し出す家具を。

意匠のアクセントに『端喰(はしばみ)』を用いました。

無垢の弱点、反りを防ぐ効果があります。

 

 

 

 

家具職人がにんまりしています。

お客様をお迎えする、厳かな仕上がりになりました。

 

この度も、誠にありがとうございました。

 

 

オキタ