N邸リノベーション工事も進んでいます。
 

 
こちらは玄関ホール。
まだ養生をしておりますが、グレイウッドという海外で板塀等に使う木材をヘリンボーン貼りのように仕上げており
N邸の新たな顔になります。
今回このグレイウッドは他にも部分的に使っていて、良いアクセントになっています。
 

 

 

1Fも座が上がり間仕切り壁も起き、室内の全貌が現れてきました。
こちらがLDKで新たに大きな木製サッシも入りました。
 

 
2Fにも新たに木製サッシが入っています。
黒色に塗装したサッシに真鍮の金物が良く合っています。
 

 
今回は鉄骨やブレースが出てくる部分が多いので、細かい仕事が出てくるのですが
職人さんが綺麗に納めてくれています。
ありがとうございます。
 
住宅部分は大詰めになってきますが、外構工事等も引き続きあるので
どんどん更新していきたいと思います。
 
 
 
佐藤

SHOP

サンダルからの

気まぐれ台風が去った岡山、本日は秋真っ只中といった気候。

そろそろサンダルの時期も終わり、

お気に入りの靴を下駄箱奥から引っ張り出すタイミング。

 

愛用靴とのお久しぶりのご対面にお手入れなどいかがでしょう。

今回は TAPIR(タピール)のシューケアを紹介いたします。

 

1983年にドイツ中部ニーダーザクセン州、ハルツ山地にほど近い小さな村に誕生したタピール。

石油由来のものとは異なり、すべて天然素材だけで作られた製品は、

革に自然な潤いを与え優しくケアしてくれます。

また石油系の独特な匂いもなく、人体に無害な成分なため、

靴を磨くその手が軽やかになるかもしれません。

 

秋の夜長に靴磨き、何か趣深さを感じるのは私だけでしょうか。

 

 

 

 

ヒライ

お盆あたりの話になりますが、

N様邸の外構工事が無事に完了しました。

 

 

ゆったりとした、ウッドデッキと板塀。

当初は広さもどのぐらいが良いか悩まれましたが、

日々の家事である洗濯をはじめ、いろいろな用途として使える広さとなっていました。

早速、ご家族で楽しまれているようです♪

 

日よけとして最適なタープもあることで、

お天気の悪い日以外にも、外のある生活を気軽に楽しめていいですね。

 

 

遠くからみると緑の芝が一面に広がっていて、

暑いながらも芝がぐんぐん伸びています。

少しずつ、芝と芝の境も目立ちにくくなって、

一面に芝が広がっていくと、ついついそこに寝転がってみたい衝動にかられそう。

それぐらいゆったりしたスペースです。

 

 

ステンレスの切り文字の表札と、

つい最近お店に入荷したばかりのポストと一緒に。

 

 

N様が選ばれた鉄棒もお庭のアクセントにもなり、

庭を楽しめるアイテムのシンボルに。

 

何度もポーズをお願いする私の要望に

快く笑顔でモデルをしてくれて、ありがとう!!

 

 

中と外を楽しめるウッドデッキのプライベートな空間。

そして、のびのび遊べて、緑が広がる庭。

 

外での楽しみ方が増える空間となりました。

 

 

 
 
足場もはずれ、工事もいよいよ追い込みに入ってきました
その、少し前のお話
 
 

 
 
看板は、原寸大の型紙を貼って検証します
養生のメッシュがかかっておりますので
歩道に立ち、かすかに見える型紙に目を凝らしながら
イメージを膨らませます
 
 

 
 
白い壁
右手には、濃く着色したタテ格子を配します
スチールの箱文字
素材感を大切に、塗装は南部鉄器風
 
 

 
 
ぐりぐりと開けた穴は
ここに配線を仕込んでくださいねの合図
バックチャンネルで照明を仕込みます
 
 
 
オキタ

残暑厳しい折、ELDの庭にオリーブの木がやって来ました。

牛窓育ちの大きく強そうなオリーブ。

オリーブというよりもはやポパイといった感じです。

クレーンに吊り下げられ、宙に浮く樹木。

天空の城のアニメがふっと思い浮かびます。

無事着地。

庭師ヒロさんの手際のいい仕事でオリーブの植え込みは無事完了です。

まだ枝の剪定などありますが、ヒロさんありがとうございました。

そしてお疲れ様でした。

 

 

これからはこの立派なオリーブの木も皆様をお迎えしますので、

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

ヒライ